2004年11月26日

PHASE-06 世界の終わる時

ガンダムエース1月号に拠りますと、グラディスは29歳らしい。見えません。
やっぱ年取ってるように感じるのは声のせいか。
キシリア様も設定年齢24とかいってたけどあれは絶対さば読み。
デュランダルは32歳。やっぱ声のせいで老年カップルのように思えるよ。

ユニウスセブンでジュール隊VSアンノーンVS
カオス・ガイア・アビスVSミネルバ組が交戦(こう書くとわけわからんな)。

とりあえず3本勝負!
インパルスVSアビス 双方ダメージなし 引き分け
アスランザクVSカオス カオスポット2つとも破壊され1発殴られる ザク勝利
ルナザクVSガイア ガイア蹴りを食らいブーメラン当たる ザクビーム被弾右足損傷
女の場外乱闘「これで終わりね、赤いの!」「なにおぅー!」
ルナたんやっぱカコイイわ。ここはルナマリアたんの勝利かな。
でも俺にとって桑島キャラは正義だからなぁ・・・。
なんかあの二人は今後も女の戦いを見せてくれそうなので今回は引き分けで。

地上ではユニウスセブン落下の報を受けてパニックに。
もっと大パニックになっていいと思うんですけど。
前回初登場のロード・ジブリール。ムルタ・アズラエル亡き後のブルーコスモスの新盟主。
アズラエルはかなりの権力を持っていたようだが、
ジブリールは年寄りたちに伺いをたてたりしていることからアズラエルほどの力は持ってないのかも。
せっかく前作でバジルールたんが命と引き換えにボスを倒したというのに
またブルーコスモスの勢力が復活してくるのでしょうか?

メテオブレイカーにより真っ二つのユニウスセブン。
ただ掘削するだけじゃなくドリル部が爆発するようになっているのだろう。
そうじゃないと掘るだけじゃ割れないし。
再会を遂げる旧友たち。
「相変わらずだな。イザーク」
「貴様もだ!」
「やれやれ(ポキポキ)」
いいなぁ、こういう友情。彼らは本当に戦友だもんな。
そして息のあったコンビネーションでカオス・アビスを退ける。
先輩たちの実力に脱帽するシン。

限界高度に達したユニウスセブン。ミネルバ決死の大気圏突入を決意。
デュランダル逃亡。
作業を続けるアスランに心を開きかけるシン。
テロリストはザラ派の残党と発覚。連邦政府に対して言い訳しにくいなぁ。
初代Xナンバーでも大気圏突入はできたのでインパルスは問題ないと思うが、
ザクは損傷しているしどうなることやら。
そして地上からは目のいいキラが落下するアスランを発見して「あ」と一言(w

ガンダムエースを読むとラクツーはやっぱり存在するみたい。
同一人物かと思っていたのに。なんか嫌です。クローンネタばっかし。
でもストーリー的にはこの先どうなるかわからないので楽しみ。
posted by えいち at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | PHASE-01〜12 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月25日

機動戦士ガンダム ガンダムVS.Zガンダム

これめっちゃ欲しいなぁ。

アーケードで稼動中のZガンダムDXの移植版。
ただの移植じゃなくて使用できるモビルスーツが追加されてます。ZZも使えます。
ここで特筆したいのはこれがこのシリーズの初のゲームキューブ版ということです。
今までPS2でしか家庭用では遊べなかったので、
俺のようなGC単体ユーザーにとっては朗報です。とてもうれしい。
しかも4人対戦できるのはGCだけ。
PS2に勝ってる点があるというのはGCユーザーにとってこの上ない喜びであります(と思う)。
一応GCでもガンダムはあるんだけど・・・クソゲ認定受けてます。・・・持ってます。

買ってもいいんだけど、やる時間ないだろうな。まだ聖魔の光石も途中だし。
そして4人対戦といっても卒業してからはいっしょにゲームやる相手もいない。
GCユーザー周りにいなかったからコントローラも一人で4本持ってます。
対戦が楽しいソフト中心で揃えたので、GC自体ほとんど休眠状態です(泣)。
posted by えいち at 21:27| Comment(1) | TrackBack(0) | ガンダム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月19日

PHASE-05 癒えぬ傷跡

グラディスに失望。
きっと今の地位は議長のコネだろう。あの戦闘指揮能力ですもの。
補給もままならない状況で追われていたアークエンジェルに比べ、
圧倒的に有利な状況で追撃していたにも関わらずボギー1を逃がしたヘタレ艦長。
同じく指揮能力に疑問を抱かれていた魔乳ラミアス以下だと思う。
いや魔乳はすごいよ、アークエンジェルはあの大戦を生き残った浮沈艦なのだから。
クルー想いの優しい人だし、なんせ魔乳(激揺れ)だし。
私は美ケツで勝負よ!とか思っているのでしょうか。
その前にその髪型何とかしろよ。どうやったらそんな前方ツンツンになるんだよ。
毎朝スプレーがちがちにしてんのか。
とにかく比べるのも失礼です。
交際を公言しているか、別姓を名乗っているが実は夫婦とかなら許せるが。
そして議長は鬼畜。ショタコンかとおもいきやあんなオバハンまで手を出していたとは。
この鬼畜っぷりはやっぱりガンダムシードなんだなぁと感慨にふける秋の一日。

さて気を取り直して感想でも書きなぐるぞー。

テロリストにより移動をはじめるユニウスセブン。
宇宙工学はよくわかりませんが、このフレアモーターとは
太陽からの粒子の波「太陽風」で動く「太陽ヨット」と同じ原理のものでしょうか?
母なる地球を守るためユニウスセブン破砕作業に取り組むZAFTの皆様。
カガリは正論でキレてましたがヨウラン君、地球から人がいなくなったらプラントもヤバイよ。
だってコーディネーターの人口減少問題は未だ解決できていないはず。
そうなったらナチュラルでないと子供を作れないからコーディネーターもいずれ全滅ですよ。
メイリンやルナたんはちゃんと地球の人たちも心配しているようで好感が持てました。
シンがオーブを憎む気持ちをぶちまける。
家族が死んだことでオーブの現国家元首であるカガリに怒りをぶつけるなら、
あのとき直接の戦闘行為で家族が死ぬ原因を作ったキラへの恨みは計り知れないはず。
オープニングでシンとキラが戦っているのはそういう理由か。
この先実際に戦うかどうかはわからないけど。

いやー、やっぱ懐かしい顔を見るのはうれしいね。
アスランもそうだけどみんな成長してるね。
メテオブレイカーなるもので砕くそうです。要は隕石粉砕用のドリルですな。
ディアッカ、ガナーザクウォーリアで出撃。
バスターはどこいった?イザークも乗るのはスラッシュザクファントムだし。
ザクのほうが初代Gシリーズより格上ってことですか?
それともガンダム2ndステージのテストベッドにされてしまったとか。
ユニウスセブンでテロリストと交戦するディアッカ。
他の仲間は即やられているのにさすが大戦の英雄。でもこっちの攻撃も当たりません。
昔からディアッカの攻撃の命中率は良くなかった気がする。

ミネルバではアスランが鬼畜議長にのせられてモビルスーツに乗ることになっちゃいました。
しかも直後に戦闘開始。さらに鬼畜野郎の思惑どおりに。
アスラン、君をZAFT兵士に復帰させたいだけなんだよ、気付け!
普段はかわいらしいけど、戦闘時はテキパキとパイロットに指示を与えるメイリンたん。素敵。
そしてシンを彼なりの言葉で励ますレイ。
レイのパイロットスーツの後姿って女の子みたい。もしかして・・・。いやまさか。
でもさすがにまじで801はないだろうから・・・。うーん。

次週ついに前作の主役、キララク登場!つーか出るの早っ!
今の主役じゃすぐ食われちゃうよ。負けるなシン!
posted by えいち at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | PHASE-01〜12 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月11日

PHASE-04 星屑の戦場

「ミネルバにはギルが乗ってるんだ。絶対にやらせるものか!」
ギ、ギル・・・。またやってしまいましたか・・・。そんなに腐○子票が欲しいのか。
ガンダムシードの恒例行事と受け入れるしかないのか。
じゃあ最初の801予想は正しかったわけで。
前作の微妙なのに比べパワーアップしてる気がする。はぁ。

サイレントランで軌道変更、デコイで囮。
アークエンジェルがこの作戦を取ったときはクルーゼに即見抜かれてました。
今度はZAFTがしてやられたわけで、やっぱりフラガの家系はすごいね。
わざわざこの作戦を使うということはガーティールーの
ミラージュコロイドは使用不能なのでしょうか。それともエネルギー節約のため?
外ではモビルスーツが交戦中。
デブリ戦苦手なルナマリアたん、それでも新型3機VS味方1機でよく戦ってます。
味方の2機はソッコー撃破されてます。
まんまとはまったミネルバ、小惑星の岩隗に進路を阻まれ身動き取れず。
仕上げと称して出撃する変態仮面2。現場が大好きな司令官、カガリタイプ?
新品だったミネルバ、もうボロボロです。後半へ。

うん?なんか変だな。巻き戻し。あーーーっ!
アイキャッチが変わってる!もうすぐ登場なんですか、キララク?

愛しのギルを守るため、レイ出撃。
圧倒的な強さです。ダガーL2機落として変態仮面2を近づけさせません。
その間にアスランの提案による脱出作戦決行。
船体はさらに破損しましたが見事脱出成功、反撃に転じてます。
ガーティールー直撃は免れたものの撤退を余儀なくされる。
変態仮面2がレイにつけた愛称は「白い坊主君」。
白いはわかるけど坊主って、ザクの頭部のことでしょうか?
それとも子供だってわかったのかな。通信もしてないはずなのに。
そしてこの愛称の付け方、たしか前作でラクスのことを
「ピンクのお姫様」と命名した人がいたような・・・。

ボギー1の追撃は別の部隊にすると言われてしまうグラディス艦長。
今回のことで艦長ちょっと頼りない印象が。次回はがんばってください。
帰還したパイロットたちを出迎えるメイリン。個人的な会話は初めてですね。
いくら戦闘中でないとは言え軍人が人前でお姉ちゃんと
呼んでしまうところはまだまだ子供といった感じ。
おまえらの好きなピンク髪・ツインテールを用意してやったぞ。萌えれ、ということでしょうか?
俺はおねー様派なんで結構です。

次回ユニウスセブンが動いて大変。
そしてイザーク・ディアッカ登場!楽しみです。
あっ、EDでこの二人といっしょにいる人わかりました。
シホ・ハーネンフースとおっしゃるそうです。
posted by えいち at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | PHASE-01〜12 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月10日

1stクール エンディング

前にオープニングについて書いたので今回はエンディングについて。
ガンダムシードのエンディング、好きです。
普通ロボットアニメのOP・EDといえば、
かっこいいロボットの活躍シーンを見せ付けるものですが、
シードのEDはモビルスーツの残骸にたたずむ少年・少女たちという
退廃的な雰囲気を醸し出してます。
戦争は何も生まないんだというメッセージでしょうね。
EDテーマも切ない感じで特にSee-Sawが歌う初代EDテーマが好きでした。

デスティニーでもEDは同じ路線を継承してくれてます。
See-Sawでなかったのが残念ですが、
今回の玉置成実の歌はEDにふさわしくとってもせつないんだけど
そのなかに前向きさを感じさせてくれて良いです。

EDについて。前作ではフラガとクルーゼが出ていませんでした。
この二人は特別な存在ってことを暗示していたわけですが、
今回はネオ・ロアノークとギルバート・デュランダルが出ていません。
それとアークエンジェルも出ていませんでしたが(前作第4クールEDのはドミニオン)、
今回は出てます。
EDに残骸がある機体が必ずしも大破するわけではありませんがちょっと気になります。
艦長は船と運命を共にするものですから、魔乳艦長の運命は?
あとイザークの向かって右にいる腰掛けてる人わかんない。誰やねん?
知ってる人いらっしゃれば教えてください。

ちなみに今日発売のOPテーマ・IGNITEDと、EDテーマ・REASONには
それぞれシン・アスカIDカード(ZAFT仕様)と、
アスラン(アレックス)IDカード(オーブ仕様)が初回限定で封入されてます。
欲しい人は早めにCDを手に入れたほうが良いかも。
posted by えいち at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PHASE-01〜12 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月06日

PHASE-03 予兆の砲火

「アーサー、何してるの!」
ファーストのパクリではなくガンダムファンへのサービスだと信じてます。
ブライト万歳。


宇宙空間に飛び出したシンとレイを迎え撃つは
変態仮面2ことネオ・ロアノーク駆るMAエグザス。
えー、前回ドラグーンかもと書いたけど公式HPを見たらガンバレルの発展系らしいです。しかも有線式。
面目ないっす、公式ちゃんと見ろよ>俺
それと中の人が子安武人(変態番長)だとしてもフラガ本人とはまだ確定してないわけで。
でも個人的な希望としては兄貴だといいなぁ。記憶を失ってたり操作されてる可能性はあっても。
エグザスの全方位攻撃に対してシンよりも機体性能の劣る
レイのほうが対応できてます。ニュータイプ同士の感応もすでに果たしてます。
劣勢と見るや引き際もお見事。推進剤タンクをミネルバにぶつけてガーティールー撤退。
艦にたいしたダメージはなかったものの衝撃と目くらまし効果は充分でした。
追うミネルバ。後半へ。


機体奪取お疲れ様の3人組。
機械の中で眠っているのですが、あ、怪しすぎる!
なんですかあれは!?スタートレックのボーグじゃあるまいし。
皮膚の上からしか接点のない機械で眠るだけで再生(最適化)できるなんて。
ブロックワード?パニック状態になるんじゃ戦闘中はあまり意味ない気が。
軍に逆らうのを抑止する目的でしょうね。
しかも末端の兵士まで他人のブロックワードを知ってるんかい。
言われたらすぐに言い返して全員パニックになりそう。

このシーンで重要なのはロアノーク大佐の言葉。
彼らは何かしら主義主張を持つ集団のようです。
今回の作戦もあまり地球軍として新たな力を持つことを目的としてるようではないし。
そもそもはじめの段階で地球とプラントは停戦中ですし。
叛乱を起こして完全に地球軍から独立しているか、
軍本部とはつながりの薄い部署にいるのか。
この地球軍にもいろんな組織ができつつあるって構図はZぽいなあ。


デュランダル議長によればインパルスは効率のよいモビルスーツ運用システムらしい。
俺も専門家じゃないんでわかりませんが(w
どう考えてもすぐ合体するならはじめから組み立てて射出したほうがいいのでは?
いちいちミサイル捨てるのもったいねーとか思ってしまう俺は貧乏性。

きれい事はアスハのお家芸とはよくいったもんで。まあ確かにそうかも。
シン君ちょっと嫌味な言い方ですけどね。
関係ないがシンの声の質ってなんかカミーユぽい感じがするのは俺だけかな?
このアニメはZを意識してるって思いこんでるからそう聞こえるのだろうか。
シンがあの時の悲劇でオーブを恨んでいることがわかります。
少し考え込むカガリ。
シンの発言を詫びつかみかかろうとするレイ。レイは兵士長的なポジションにいるのだろうか?
バレル隊とかはないようだが。一応指揮官用のザクに乗ってるし。

ルナマリアも噂してますが、あっさり正体を議長に見破られたアスランザラ。
対戦の後で議長になったのだからパトリックザラと面識はあっただろうし、
アスランは元ZAFTのエースパイロットでラクスの婚約者、もともと有名人。
確かに軍は裏切ったかもしれませんが、
カガリが対戦の英雄って評価をされているということはアスランも、
核攻撃とジェネシスから世界を守った英雄として語られているのかもしれません。
せっかくかっこいい偽名考えたのにすぐばれちゃったところで次回へつづく。

どうでもいいけど前回からシャア様饒舌すぎやしませんか。
こんなに安売りしちゃっていいんでしょうか。
いくらガンダムシリーズの重鎮とは言えシードの監督にかかるとどうなることやら。
前作であの東方不敗をポイ捨てした前科がありますから。
シャア様を使い捨てということだけはないように願います。
posted by えいち at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | PHASE-01〜12 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。