2005年01月29日

PHASE-15 戦場への帰還

OP曲耳に馴染んできました。EDとあわせてCD借りたい。
でも導入の「儚く散った光が僕らを今呼び覚ます」が
ホーク姉妹の運命を暗示しているようで・・・。
そんな当ブログ大注目のメイリン・ホークにも動きが見られた15話です。


セイバーはオーブヘのこのこ空のお散歩。
こいつ今までなにやってたんだ?情報収集ぐらいしとけよ。
しかしよく考えてみますと、
シン種割れ→(同時刻)アスランプラント出発→(最短でその日の夜)ラクス暗殺
→(最短で次の日)AA出航・カガリ拉致→(最短でその日)アスランオーブ入り
なのだから情報収集できなかったということは全て最短時間で
ストーリーが進行していたということですよね。
ラクス暗殺の次の日がカガリ挙式というのは無理がある気がするけど、
そうじゃないとセイバーの大気圏突入が時間かかりすぎになってしまうので。
セイバーは核エンジンじゃないので補給なしでの長時間作戦行動は取れません。
ムラサメのデータが入っていたということはムラサメは以前から就役してたということですね。
ごていねいに可変機構まで披露するアスラン。ファイター形式なら逃げれるだろ。
どうせ領空外までは追ってこないんだから。

AAでは前回俺がアニメだからとスルーしようとした国家元首の拉致について
カガリがまじめに怒ってくれてます。
他の人が言いにくいことをずばずば言うキラ、姉弟だからかただの天然か?
ラクスといちゃいちゃしていることも相まってカガリ様怒りマックス。
怒ったり騒いだりしてるほうがカガリらしいね。
カガリはオーブが焼かれることのみを回避しようとしていたが、
キラに言われてオーブが加害者になる可能性に気が付いたみたいです。
キラに洗脳されてカガリも一緒に行くことにしたみたい。
本国と連絡は取らないのかな?
キラをはじめに洗脳したのはラクス様ですがね。

カーペンタリア(オーストラリア)に到着したミネルバ。
化粧品を買い込むメイリン。これは容姿にコンプレックスを
もっていることを表しているのでしょうか?
普通に女の子っぽいと思うが。フレイもそうだったし。
彼女の場合容姿にコンプレックスなど微塵も持ってなさそうでしたが。
「悪かったわね」姉との微妙な距離感のようなものを初めて露呈したシーンです。
ミネルバは宇宙戦闘艦であることが明らかに。
どうりでAAのように大気圏内での低空飛行もできないわけだ。
重力下ならAAにも勝ち目ありかも。しかし魔乳はローエングリン撃たないけど
グラディスの野郎は平気でタンホイザー撃ってきますからね。
レイは台詞ない代わりにピアノの腕を披露。ギルと過ごしたあの日々を思い出しているのでしょう。
ZAFTの新MSがありました。ハンブラビみたいな頭部。誰が乗るのかな。
セイバーがミネルバに着艦。フェイスに敬礼。
「私がごあんな・・・」「確認してご案内します」ここでもルナとメイリンの微妙な対立が。

エレベータに乗り込んだとたん、ルナたんワールド展開。
いい男センサーであるアホ毛がビンビンになってます。
カガリが結婚したことを知るアスラン。何にも知らんのね。
えーーー、グラディスもフェイスなんですか?乱発しまくりで値打ちがないなぁ。
フェイスは作戦指揮も取れるんだから同じ艦に二人もいたら混乱するんじゃ。
この場合グラディスのほうが上なんですかね、やっぱり。
ミネルバのこれからの行軍はジブラルタル。政治的にも、軍事的にも混乱している危険地帯です。
なに考えているかわからない議長に対してタリアも当惑。
この先グラディスも議長に疑念を抱くようになるのではないか。
OPの後ろ向きで離れるのはそういう展開の伏線かも。

ルナたんはまたもアスランに絡みまくってます。
俺は個人的にルナヲタですけど、こういう女の子は同性からは嫌われそう。
自己紹介されちゃった以上今後アスランがルナのことをなんて呼ぶのか注目。
シンに見られた、気まずい。
メイリンはメイリンでトップエリートのアスランのことを調べてるし。
今後どういう行動にでるのか気になるところです。

超ごぶさたのステラたち。ユニウスセブン落下以来の登場ですね。
相変わらず電波飛ばしまくりです。
ステラが『私らしく』風を感じていたところにアホそうな地球軍兵士登場。
コミュニケーション不能なステラでもあきらめずに果敢に挑むナンパ野郎。
ノースリーブの女性の脇を触るという時点で・・・痴漢行為だと思う。
アウルのきついお仕置きを受けるはめに。
第81独立機動軍は一般兵の間でも恐れられているらしい。

ミネルバ発進。
それを捕捉するネオ。
ネオの台詞から目標はミネルバであることがわかります。
乗っているのはガーティ・ルーではない。宇宙においてきたのか。
ガーティ・ルーも宇宙用なのかな。


次回は総集編っぽいです。
もし新作のカットや、新出の情報がなければ感想はお休みします。
そのかわりなんか別の記事を書きます。
たいしたもんではないので期待せずにお待ちください。
posted by えいち at 13:02| Comment(2) | TrackBack(0) | PHASE-13〜24 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

PHASE-14 明日への出航

14話にしてついにおそれていた事態が。
今回destinyの主要キャラが一人も出ておりません(ユウナは所詮チョイ役)。
もうはじめから種2でいいじゃん。


破壊されたマルキオ邸。
手紙を持ってやってきたのは懐かしのマーナさん。
カガリのTシャツを一瞬で脱がす特技を持ってます。
カガリって日本語上手なうえ達筆ですなぁ。噂ではあの手紙は本当に進藤尚美さんが書いたそうです。
セイラン家でお妃教育を受けるカガリ。ユウナママが典型的なイヤミババァなのが可笑しい。

もうドレスを着てます。結婚当日。
アスランとの出会いのシーンがよみがえる。
デスは種の使いまわしが多いと批判がありますが、
その分新作の作画がよくなるのなら俺は別にかまわないと思う。
デスから見始めた人にはかえって親切かも。
「なら買うしかないじゃないか!」の元ネタここだったか。
ユウナの長い髪が好きっていう設定は結局ここだけか。
カガリに言い寄るくせに実は髪の長い愛人囲ってたりというのを想像してたんですが。
AAには旧クルーが続々集結。
もうこうなったら戦うしかないじゃんというキラ理論に基づいて
戦うことを決意するマリューたち。

CM
タマキンの新曲よいな。

アイキャッチがキララクという時点で終わってる気がする。
シンXステラを用意してせめてCM前後で使い分けるとかさ。

とりあえず手を振るカガリ様。普段は粗暴だけどさすがに姫、板についてますね。
どっかの整形歌手の偽カリスマとは違う。
笑顔で涙する、最高に綺麗。
どうせ今日で降板だから好きなこと言ってよし>ユウナ

AAでは出港に向けて最終確認が行われています。
虎は乗る機体は戦闘機を指してました。ってことはムラサメですね。
ことごとくフラガのお株を奪っていく虎なのでした。
艦長は魔乳にやらせてあげて、他にできることないし。
ジャッキー・トノムラとカズイ声の太った人は逃走。
母とお別れをするキラ。
かなりわけありの、ブルーコスモスの最優先抹殺対象のキラを引き取って育てたんだから
ヤマト夫妻は本当に人格者です。
どっかで聞いた声だなと思ったら井上さんでした。アイナ・サハリン。
アークエンジェル発進!CGすげーぜ!いい意味でですよ。
ラクスも戦闘服にチェンジ。髪はかわいいけどあの陣羽織は微妙。こいつしか着れんわ。
フリーダム発進。

式場では最後の誓いが行われるところ。ギリで間に合いました。
フリーダム襲撃に逃げ惑うオーブの軍人ども、誰一人カガリを守ろうとしないんですね。
白鳩飛び交う式場から飛び立つ麗しの姫とモビルスーツ。
シュールだけど美しい。ガンダムシードでこんな場面が見られるなんて。映画みたい。スタッフに拍手。
ユウナがど根性ガエルの梅さん化してます。
いろいろあったけど最後のヘタレっぷりが面白かったので許します。撮影終了おつ>ユウナ
ムラサメをローリングアタックでぶった切るフリーダム。
切らなくてもフリーダムなら振り切れてたと思う。
いつも思うが新登場の機体を瞬殺するのはどうかと。
ウィンダム、ザムザザー、アッシュ・・・。少しは見せ場を作ってやんないと愛着がわきません。
プラモも売れないよ。
フリーダム収容完了。ラクスのブリッジ内でのお嬢様言葉は緊張感がなくなります。
トダカの存在意義はこのときのためか。別にキサカでもよかったのでは、千葉さんもいるし。

アークエンジェルはどこ行くの?誰と戦うの?国家元首の結婚阻止って・・・など
いろいろツッコミたくなりますが、めんどくさいので
「アニメだから」ってことで。


ED曲いいな。
絵は背景固定でキャラがスクロールという新発想。
MSが壊れてないのが残念。
EDの壊れたMSで退廃的な雰囲気と戦争の愚かさを演出してるのがよかったのに。
で結局締めはキララクかよ。
posted by えいち at 12:24| Comment(3) | TrackBack(0) | PHASE-13〜24 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

2ndクールオープニング考察

1stからの使いまわしも多いので気になったとこだけチョイス。


メイリン死亡!?

一番気になってます。導入部分でのカット、
ほぼ完全に後ろを向いて横顔も髪が乱れて表情がうかがえず、ルナマリアから離れていってます。
すごく嫌な予感がします。
SEED3rdOPでもフレイがキラとも友達とも別れることになるのが描かれてましたが、
あそこまではっきりした描写ではないがそれに近い雰囲気。
キャラが大杉でリストラの必要は感じてましたが。
メイリンファンではないが今更彼女に死なれるのはかなり鬱。
もし死ぬとしたら前作のトールのように
「自分だけ安全なところにいるなんてできない、私もMSで出ます!」
とか言って出撃し桑島あたりに返り討ちにされ、
それをきっかけにルナの種発動とかいう展開だろうか?
SEEDの種持ち4人がOPのエンドカットに並んでたので、
デスの種持ちもエンドカットの4人だと推測すれば、
あとはレイとルナだけということになります。
ルナは今の状況からすると種発動にはかなり強いきっかけが必要になりそうなので、
妹の死をもってという可能性もなきにしもあらず。
まあ杞憂に終わってほしいです。あくまで勝手な推測なのでメイリンファンは
怒らないでください。

魔乳衝撃!ムウは生きていた?

あの魔乳の表情、よく描けてますよね。
まだ本人かはわからないですが、とにかく顔は同じだと。
ストーリー的には二人の関係は一番気になるところです。
バックのMSはよくわからないな、ダガー?

虎ふたたび
新MSですよね。虎っぽい。

新キャラ登場
例のオレンジのザクです。
ミゲル君の弟かな?
でもまだ先の大戦から3年しかたってないからちょっと大人過ぎ?

インパルスとフリーダムが向かっていくのは巨大ガンダム?
巨大なのは演出上かもしれんがまた新たな巨悪登場ということですね。

結局シンとステラの関係進展をしめすものは特になかった。ワンカット追加されただけ。
あっ、ミリィがいない!


主題歌、俺は余り好きじゃないです。まずなに言ってるのかわからないし。
SEED2ndのビビアンも歌下手と批判されてましたが、詞が物語に合ってたので好きでした。
今回はそれ以下かなぁ。
posted by えいち at 16:32| Comment(3) | TrackBack(0) | PHASE-13〜24 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

PHASE-13 よみがえる翼

OP・ED変わってない・・・。
今月号のガンダムエースまた見てみたらEDの情報も載ってるし。
年末年始はボケボケでした。すんません。
OP・EDはSEEDでも不規則変化でしたね。
クールの区切りは12話のシン覚醒と13話のキラ復活でキリがよいので12話までってことで。

感想

・魔乳強いよ〜
・作画ひどいよ〜
・アッシュ隊の隊長の中の人誰だよ〜へたくそ〜

以上




ってわけにはいきませんか?いきませんよね。情報も多い割と重要な回でした。


大活躍のシン帰還。
キラみたいに「人を殺したんですよ!?」とか言いそうかなーと思ったけど、
やっぱキラとは違った。シンは普通の軍人だった。
あの程度で叙勲とはと思ったがアスランがいろいろ犠牲を払って
ストライクを倒したのでも勲章もらってたんだからこの場合もありなのかなと。
議長はDNA解析の専門家でインパルス操縦者を決定したのも議長。
議長の裏の顔が徐々に明らかになってきてます。
ってことは種割れはただの演出じゃなくて理由があんのか?
「生きているだけで価値がある」なんてクルーゼの生まれ変わりとは思えん台詞を吐くレイ。本心かな?

カグヤ跡地のカガリ。後ろにあるレールはマスドライバーが再建されているのかな?
ストーキングユウナ登場。キモい。
結婚勝手に決めてんじゃねーよ。
コーディネーター嫌いじゃないって本当か?こいつもしかしたらブルコスかも。
キラが弟って知ってるならカガリがウズミと血がつながってないことも知っているのか。

魔乳と虎。仲睦まじい。
でもお互い思い人は他にあるようだ。よかった。それでこそ魔乳。
まだビビアンを引っ張るとは。声優も変えたんだからキャラごと抹消してもよかろうに。
キラはNEETじゃなくてちゃんとプログラマーの仕事をしてるようだ。ラクスは家事手伝い。
「どこかで平和に生きてゆけて、死んでいければそれが一番幸せなのにね」
魔乳らしい名言だな。

ハロすげー。番犬代わりにもなるとは。肝心のラクスは起きませんが。
作画悪いのは残念ですがここからは魔乳艦長大活躍です。
ハイキックかまして拳銃パンパン。劇場版葛城ミサトキターーーーー!!
マトリックスのパクリまで披露してくれる僕らのミサトさん。
そういやこの人運動神経抜群だったわ、SEED第1話参照。
虎はコブラのパクリかよ。虎が義手をつけたのって停戦してからのはずだが。準備のいいこと。
ビデオ撮ってる方は最初のドアをマルキオが開けたあと中に入る子供の顔にご注目(w
ラクスは戦闘能力0なのですね。歌だけ遺伝子強化かよ。一応種持ちですが。

ZAFT軍がラクスを狙うってことは・・・。議長め!
キラはフリーダムに乗ること大してためらってないようだ。大人になったのか。
はいフリーダム降臨です。現存する唯一の核エンジン搭載機の世界最強のMS。
そしてパイロットはスーパーコーディネーターキラ・ヤマト。
この組み合わせにカエルどもがかなうわけありません。ブランクもなんのその、
ポリシーの「殺さず」はまもってMSを瞬殺していきます。
変な声の隊長は意地を見せてビームサーベルをかわしますが(キラの攻撃をかわせるってすげー)
やっぱり手足をもがれてやられてしまいます。
自爆していくアッシュ。見つめるキラ、なぜか笑顔。作画のせい?
運命はやはりキラを見逃しはしなかった。つづく。

次回とうとうアークエンジェル復活。
もちろん艦長は魔乳。ノイマンとチャンドラU世もいた。
オペレーターはラクスか、贅沢な戦艦だな。
みんなオーブの軍服着てたが所属はどうなるの?誰と戦うの?ZAFT?
つか地球軍は戦後オーブに対し脱走艦アークエンジェルの引渡し要請をしなかったのか?
いきなりフリーダムが出撃していたのでMS戦闘も見られるかも。楽しみです。
posted by えいち at 12:53| Comment(5) | TrackBack(0) | PHASE-13〜24 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。