2005年04月23日

PHASE-26 約束

・ステラ、ミネルバに拘束される
首絞められたおねーさんかわいそう。
ガイアもきちんと回収。
これにルナたんが乗ってくれたらと思うけど、
ステラはデストロイのパイロットと言うことなので、
隙を見てガイアで逃走ということだろうか?

・ラクス、プラントへ
何を言い出すかと思えば。
しかしこれで全員いいもんだけAAに集結と言う構図よりは、
ちょっとは展開が読めなくなって面白いです。
ミーアが自分をパクッてるのを逆手にとってシャトル強奪。
いつか仕返ししてやろうと思ってたんだね、ラクス様。
しかし、軍港と言うのにセキュリティの甘いこと。
ミーアさんは何か勘違いしているようで。
みんなミーアじゃなくてラクスを見ているんだよ。
キラが終始心配そうにしているのが印象的でした。
posted by えいち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ガンダム SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

PHASE-25 罪の在処

試験直前期簡易Ver.

・ラクス暗殺を矮小化し昔のことを蒸返しハイネ戦死もキラのせいにするアスラン
なんかやなやつになっちゃったアスラン。

・連合のエクステンデット製造施設発見
幼いレイが会ったのはネオ?クルーゼ?
あの回想時の年齢ならまだフラガはネオ化してないわけですが、
レイもテロメアをいじって老化速度が常人とは違うならネオという可能性もある。

・ステラ出撃、シンに倒される
あの場合ステラもブロックワード発動してもよさそうだったのに、
シンとの記憶のおかげで無効化成功。
しかし突撃もシン・アスランのZAFTトップガンにはかなわなかった。
個人的にはルナマリャーとの因縁の対決を見たかった。
これってガイア鹵獲成功と言うことでよいんですかね?
次はルナが乗って。
posted by えいち at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ガンダム SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

PHASE-24 すれ違う視線

行動的とか積極的とか、確実に意味を履き違えている恋する少女、
それがルナマリア・ホーク!女ストーカー怖いよ〜。


地球軍の撤退を受けてミネルバもタルキウス港に帰還。
と言うか応急処置をここでするしかない状況。
黒海の守備はZAFT全軍への命令だったはずなのに、
ダーダネルスでの迎撃任務はミネルバだけだったんですね。
ということは陸路からも地球軍の大規模な反攻が行われたと。
性悪キラのおかげで被害甚大なミネルバ。
そして引き取られていくハイネの遺品。
やっぱハイネの死因はAAのせいになってます。

レイはなにやらファイルを分析しています。
タリアに離艦要請をするアスラン。
結局フェイス権限使うなら頼む必要もないけど、一応艦長の顔を立てて。
タリアもハイネ死亡はフリーダムのせいと思っているようで。
別にキラがハイネをやったわけじゃないのに。恨むならステラだろ。

街ではミーアがテレビに流されてます。
ここもプラントに懐柔されていることを表しているようで。
でもそろそろ新曲が欲しいところですよね。
今度は水の証のリミックス、アレンジはもちろん鈴木daichi秀行で。
ミリアリアとすれ違うアスラン、すごい偶然と言うか都合のよいというか。
さすがZAFTのトップガンだけあってアスランの動体視力はすごい。
この二人の会話が映されるのははじめてです。
ディアッカの話を持ち出すアスランにミリィはちょっとムッとする。
アスランは自分の恋愛は不得手のくせに
ミリィとディアッカの微妙な関係には気づいていたようで。
ZAFTに戻ったアスランを警戒するミリアリア。当然ですね。
別にトールを殺したことを今でも根に持っているわけではないと思う。
個人になら繋ぐというミリィ。AAのことZAFTには漏らすなよという
意味を含んでいるのだろう。
キラだって嫌なはず。さすが工業カレッジからの友達、よくわかってるね。

海底神殿のようなところに身を隠すAA。
えっ、なんですかこれ?天使湯?
湯船につかる習慣なんて日本人くらいなんじゃないの?
シャワールームを改装したのだろうか?
内装も着替え室もほぼ日本の銭湯だし。
オーブは日系国家だから大戦の後でリフォームされたのだろうか?
そして虎は虎できつねうどん(そば)を頬張ってるし。
これでZAFTも連合もまた敵に回してしまったわけだし、AAは前途多難と話す
マリューと虎。まぁAAなら何とかなるよ、AAなんだし。
ラクス髪の量がちょっとおかしくないですか。
水鉄砲なつかし〜。ラクスも子供時代から風呂につかる習慣あったな。
まず決める、そしてやり通す。何かを成すときの唯一の方法。
信念に殉じた二人の父親がよぎる。
ラクスのカウンセリングで癒されたカガリ、
自分の信じた道をまた歩もうと決心を新たにしたのではないかな?
指輪がその証。


トライン副長から地球軍が使用していたと見られる
大規模施設の探索任務を言い渡されるシンとレイ。
シンはいつだって文句ばかり。ならどんな任務ならいいんだろうか?迷子の探索?
ルナはルナでなんとストーキング活動にいそしんでるし・・・。
アスランがいない、シンとレイもいない。
ディオキアのように完全にZAFTの制圧下とは限らない、駐留軍もいない。
ミネルバのパイロットはルナだけ。
そんな状況下でルナに休暇許可がおりるわけはないので、
これはタリアの命令と思いたいが・・・。
雨の外を物憂げに眺めていたタリア。
アスランを尾行させたのは悪いと思ったが、
AAの行方とそして議長の真意を知るためやむを得ずと言う感じか。
アスランもホテルのカーテンくらい閉めようね。

ミリィからの通信を受けてどうするか悩むAAクルー。罠か、それとも・・・。
しかしカガリの熱意に負けて会うことに。AAもちょっとでも情報が欲しいですからね。
少し心配そうなラクスの表情が印象的。
まさかキラの姉であるカガリに嫉妬しているわけではないだろうが。

アスラン動く、ルナも追跡!
ファイター形体のセイバーにあんな一人乗りヘリで追いつけるんですか?
つかどこまで行動的やねん。軍人とはいえあんなかわいらしい少女がヘリで
追っかけるって、なんか空恐ろしいものを感じました。
シンとレイも出発。グゥルあったんですね。
と言うことは飛行機能のないMSの戦闘時でのグゥルの使用は正式に禁止されたと言うことか。
飛行MSのスラスターが急停止や急旋回も可能なのに比べて、
グゥルの動きには制限があるし、軌道を読まれやすいですからね。
そんなので戦ってもMSの無駄なので、グゥルは移動専用機に成り下がったのかな。

待ち合わせ場所にはフリーダムで行ったキラたち。
いくらAAが潜水機能付いたとはいえ海の中でフライトデッキを使うと
大変なことになるだろうから、一回海面まで浮上したんでしょうね。
対峙するキラとアスラン。
すぐに間をカガリが埋めてくれてほっとしました。
ルナたんは集音機まで用意してストーキング行為に余念がありません。
バカなこと、いらぬ犠牲となじるアスラン。
キラのおかげで地球軍やオーブ軍の助かった命もあることを忘れないでもらいたい。
でも今はZAFTだからカンケーないんだよね、アスランには。
カガリのやることはルージュであんなことを叫ぶのではなく、
オーブを同盟へ参加させるべきではなかった。うんうん、正論。
でもそれができなかったんだよね、そのときのカガリには。
シンとレイが目的地に到着。こういう重要なシーンが同時進行で進むのっていいですよね。
海外ドラマみたいで。視聴者は両方気になるわけで。

ミーアのことを指摘され言葉が出ないアスラン。
ミリィもあれが偽者だってわかっていたようですね。
本人と面識があってよく見ればわかるレベルなのかな?
そしてラクスが暗殺されそうになったことをはじめて知るアスラン。
これにはルナのほうが驚き。あんな顔したのはじめてです。
やはり今はまだプラントのことは信じられないと言い放つキラ。

シンとレイは施設内部に侵入。
人体標本、照明などコロニーメンデルの研究施設と似てます。
それを見て何かを思い出したようなレイ、突然発作を起こす。
ブロックワードならぬブロックビジョンか。
こっちに流れるのが現EDで旧キャラたちのシーンが
あんなにいっしょだったのになのが対照的。
緊迫の次回へ。


次回、また戦闘してます。レイどうなるんだろ?
ユウナはスルーで。
posted by えいち at 12:09| Comment(0) | TrackBack(3) | 機動戦士ガンダム SEED DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

PHASE-23 戦火の蔭

それは早すぎる『さよなら』!
西川さん、お疲れ様。(ルリルリ)


フリーダムの攻撃でタンホイザーを落とされたミネルバ。
特装砲を落とされただけでこの有様。
ストライクルージュ発進。
左肩にはアスハの家紋である獅子と百合の紋章が。
「私はオーブ連合首長国代表、カガリ・ユラ・アスハ!」
ラクスのカリスマとはまた違ってかっこいいですね。

それより前の時間のAAブリッジ。
キラは辛辣にカガリを批判。姉弟ですからね。
カガリにここまで意見を言えるのはキラだけ。
発進してくれと頼む相手はキラじゃなくてマリューだろ。

タケミカヅチではユウナがネオに詰問されてます。
「あんなもの、私は知らない!」
そうきたか。これから確認しますくらいのこと言えんのか。
そしてルージュを撃てと命ずるユウナ。
こいつ、悪人決定。
もしかしたらユウナはカガリのこと本当に好きで、
カガリに逃げられたことがショックだったんじゃないかなーと思っていたけど、
結局こいつはストライクルージュを攻撃=カガリを殺そうとした。
愛しているなら少しでもカガリが乗っている
可能性があるものを攻撃なんてできないはず。
しかも自分に恥をかかせたとか言ってるし。

しかし、ここの判断はとても難しいことも事実。
カガリは代表としてオーブの理念にそぐわないこの戦闘を停止せよと命じているが、
ならなんでオーブの理念にそぐわない条約を締結しちゃったんですか?
いまさらそんなこと言われたってユウナでなくても混乱します。

仕方なくルージュを攻撃するトダカ。
期待どうりフリーダムが迎撃してくれてほっと胸をなでおろす。
この場合のトダカ一佐の模範解答は、
賊軍には威嚇射撃(地球軍の手前)、
オーブ軍はアンノウンは無視、ZAFTへのみ攻撃を再開せよ。だと思うけど、
ユウナが疫病神の艦AAも落とせって命令するもんだからそれもできない。
AAが疫病神と言うのはある意味事実ですが。
ヘリオポリス、アルテミス、第8艦隊、アラスカ、オーブと
AAが立ち寄るところはことごとく壊滅しています。

地球軍攻撃開始。
ミネルバ全MS発進。
「ハイネ・ヴェステンフルス、グフ、行くぜ!」
ヒートソードではなくビームソードですな。
ガンガン落とされていくオーブのMS。
ムラサメはともかくM1の機体性能はジン以下ですから仕方ない。
相変わらずミネルバのCIWSは強い。それだけでMSを落としてます。
AAにも迫るオーブ軍。カガリに国民を攻撃することなどできるわけがない。
自分の無力さに嗚咽するカガリ。
AAはフリーダムが近くにいるのに弾幕張りまくりです。
キラの腕を信用してるしどうせフリーダムは無限PS装甲ですから。
グフはヒートロッドでステラをしばいてます。
二度もぶった、ネオにもぶたれたことないのにー!!

「ザクとは違うんだよ、ザクとは!」

西川がやらかしました。
ファーストファン、グフファン、ラルファンは怒り心頭でしょうね。
しかもこの台詞はジオン軍において当時ザクが最弱MSであったことが前提なのに、
ハイネがこの台詞をはいた時点でZAFTのザクはまだまだ新型機体のはずでは。

今日はサービスデーのようでバルトフェルドもムラサメの雄姿を見せてくれます。
トラスーツカコワル〜。オーブ軍に特注させたんですかね。
緊迫した状況下でラクスのお嬢様オペレーティングがおもろい。

みんなが戦ってるぅ〜。ユウナも笑ってる〜。
何でこいつノリノリなんですか?w
さあAAも攻撃開始。間を狙ってゴットフリート、撃ー!
チャンドラU世いつの間にか頼もしくなってる。
AAのブリッジクルー3人組の中で今回唯一乗艦した人ですからね。
俺はミネルバのエキストラクルーはどうでもいいけど、
AAの旧キャラは端役にまで愛を注いでいますw
戦闘を止めたいだけなんてばかな話がってグラディスもヤキン・ドゥーエにいたんだろ?
だったらそのときAAがとった行動も知ってるはずだ。

アスランはキラに通信しようとするができず。国際救難チャンネルを使え!
はじめてキラと戦うシンのインパルス。
なす術もなくローリングでぶった切られてます。格が違うのだよ!
水中のアビスにもレールガンでダメージを与えおっぱらう。
そしてここは短いシーンですが重要。
キラがネオの存在に気づきます。キラもニュータイプですので。
ニュータイプ描写は入りませんでしたが。
しかもニュータイプ感応は個人を識別できるはずなのでキラは
『この感覚、ムゥさん?』
と思ったかもしれません。
ニュータイプではないマリューさんはそんなこと思いもよらず、
バリアントでオーブ軍を足止め。やっぱ歴戦の艦長はかっこいい。

「お前は何だ!?」
ステラの演じ分けはすばらしいですね。
前作のシャニくんもキレるとお前ー!などと叫んでましたが声優の力量不足で
ぜんぜん怖くなかったけど、やっぱ桑島声には迫力があります。
キラは見事なサイブレードビームサーベルさばきでガイアの前足を切断。
そしてグフのビームガトリング砲もひょいひょいかわして、
ガトリング砲とヒートロッドの付いた大切な右腕を切り落とします。
さあ残ったのはそこの赤いのだけだね、やる?とばかりにアスランを睨むキラ。
しかしまだステラは諦めていなかった。
「私をよくもーーーーーー!!!」
そこへこっちもまだ諦めていなかったハイネさん。
フリーダムの後ろを取ったぞ。
「邪魔だーーーーーー!!」

正直に申しますと俺、前にネットのネタばれ記事を間違って読んでしまって、
ハイネが死ぬことは知っていたんですけどいつ死ぬかは知らなかった。
まあ今日は初出撃だしこの次の戦闘くらいかな、死ぬのは
と勝手に思っていたわけですが・・・。
早いよ、もう退場かよ西川さん!
後ろから真っ二つのグフイグナイテッド。
パイロットもちょうど真っ二つ。
普通視界外から急速接近するMSがあればコクピットに警告が出るはずなんですけど、
フリーダムに気をとられていて気が付かなかったのかな。
戦いの中で戦いを忘れたお前の負けだ、ハイネ。

特攻もキラにはかなわず脚であしらわれるステラ。
地球軍撤退。
アスラン、タリア、そしてシンの憎しみを一身に受け
やりたい放題破壊の限りを尽くしたフリーダムとAA、さっさとトンズラ。次回へ。


次回の放送時間はMBSでは17時30分です。
お住まいの地域の番組表を確認しておいてください。
そして120分のテープに3倍で録画している人はテープ交換もお忘れなく。
posted by えいち at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PHASE-13〜24 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。