2004年11月19日

PHASE-05 癒えぬ傷跡

グラディスに失望。
きっと今の地位は議長のコネだろう。あの戦闘指揮能力ですもの。
補給もままならない状況で追われていたアークエンジェルに比べ、
圧倒的に有利な状況で追撃していたにも関わらずボギー1を逃がしたヘタレ艦長。
同じく指揮能力に疑問を抱かれていた魔乳ラミアス以下だと思う。
いや魔乳はすごいよ、アークエンジェルはあの大戦を生き残った浮沈艦なのだから。
クルー想いの優しい人だし、なんせ魔乳(激揺れ)だし。
私は美ケツで勝負よ!とか思っているのでしょうか。
その前にその髪型何とかしろよ。どうやったらそんな前方ツンツンになるんだよ。
毎朝スプレーがちがちにしてんのか。
とにかく比べるのも失礼です。
交際を公言しているか、別姓を名乗っているが実は夫婦とかなら許せるが。
そして議長は鬼畜。ショタコンかとおもいきやあんなオバハンまで手を出していたとは。
この鬼畜っぷりはやっぱりガンダムシードなんだなぁと感慨にふける秋の一日。

さて気を取り直して感想でも書きなぐるぞー。

テロリストにより移動をはじめるユニウスセブン。
宇宙工学はよくわかりませんが、このフレアモーターとは
太陽からの粒子の波「太陽風」で動く「太陽ヨット」と同じ原理のものでしょうか?
母なる地球を守るためユニウスセブン破砕作業に取り組むZAFTの皆様。
カガリは正論でキレてましたがヨウラン君、地球から人がいなくなったらプラントもヤバイよ。
だってコーディネーターの人口減少問題は未だ解決できていないはず。
そうなったらナチュラルでないと子供を作れないからコーディネーターもいずれ全滅ですよ。
メイリンやルナたんはちゃんと地球の人たちも心配しているようで好感が持てました。
シンがオーブを憎む気持ちをぶちまける。
家族が死んだことでオーブの現国家元首であるカガリに怒りをぶつけるなら、
あのとき直接の戦闘行為で家族が死ぬ原因を作ったキラへの恨みは計り知れないはず。
オープニングでシンとキラが戦っているのはそういう理由か。
この先実際に戦うかどうかはわからないけど。

いやー、やっぱ懐かしい顔を見るのはうれしいね。
アスランもそうだけどみんな成長してるね。
メテオブレイカーなるもので砕くそうです。要は隕石粉砕用のドリルですな。
ディアッカ、ガナーザクウォーリアで出撃。
バスターはどこいった?イザークも乗るのはスラッシュザクファントムだし。
ザクのほうが初代Gシリーズより格上ってことですか?
それともガンダム2ndステージのテストベッドにされてしまったとか。
ユニウスセブンでテロリストと交戦するディアッカ。
他の仲間は即やられているのにさすが大戦の英雄。でもこっちの攻撃も当たりません。
昔からディアッカの攻撃の命中率は良くなかった気がする。

ミネルバではアスランが鬼畜議長にのせられてモビルスーツに乗ることになっちゃいました。
しかも直後に戦闘開始。さらに鬼畜野郎の思惑どおりに。
アスラン、君をZAFT兵士に復帰させたいだけなんだよ、気付け!
普段はかわいらしいけど、戦闘時はテキパキとパイロットに指示を与えるメイリンたん。素敵。
そしてシンを彼なりの言葉で励ますレイ。
レイのパイロットスーツの後姿って女の子みたい。もしかして・・・。いやまさか。
でもさすがにまじで801はないだろうから・・・。うーん。

次週ついに前作の主役、キララク登場!つーか出るの早っ!
今の主役じゃすぐ食われちゃうよ。負けるなシン!
posted by えいち at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | PHASE-01〜12 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1948122

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。