2004年11月26日

PHASE-06 世界の終わる時

ガンダムエース1月号に拠りますと、グラディスは29歳らしい。見えません。
やっぱ年取ってるように感じるのは声のせいか。
キシリア様も設定年齢24とかいってたけどあれは絶対さば読み。
デュランダルは32歳。やっぱ声のせいで老年カップルのように思えるよ。

ユニウスセブンでジュール隊VSアンノーンVS
カオス・ガイア・アビスVSミネルバ組が交戦(こう書くとわけわからんな)。

とりあえず3本勝負!
インパルスVSアビス 双方ダメージなし 引き分け
アスランザクVSカオス カオスポット2つとも破壊され1発殴られる ザク勝利
ルナザクVSガイア ガイア蹴りを食らいブーメラン当たる ザクビーム被弾右足損傷
女の場外乱闘「これで終わりね、赤いの!」「なにおぅー!」
ルナたんやっぱカコイイわ。ここはルナマリアたんの勝利かな。
でも俺にとって桑島キャラは正義だからなぁ・・・。
なんかあの二人は今後も女の戦いを見せてくれそうなので今回は引き分けで。

地上ではユニウスセブン落下の報を受けてパニックに。
もっと大パニックになっていいと思うんですけど。
前回初登場のロード・ジブリール。ムルタ・アズラエル亡き後のブルーコスモスの新盟主。
アズラエルはかなりの権力を持っていたようだが、
ジブリールは年寄りたちに伺いをたてたりしていることからアズラエルほどの力は持ってないのかも。
せっかく前作でバジルールたんが命と引き換えにボスを倒したというのに
またブルーコスモスの勢力が復活してくるのでしょうか?

メテオブレイカーにより真っ二つのユニウスセブン。
ただ掘削するだけじゃなくドリル部が爆発するようになっているのだろう。
そうじゃないと掘るだけじゃ割れないし。
再会を遂げる旧友たち。
「相変わらずだな。イザーク」
「貴様もだ!」
「やれやれ(ポキポキ)」
いいなぁ、こういう友情。彼らは本当に戦友だもんな。
そして息のあったコンビネーションでカオス・アビスを退ける。
先輩たちの実力に脱帽するシン。

限界高度に達したユニウスセブン。ミネルバ決死の大気圏突入を決意。
デュランダル逃亡。
作業を続けるアスランに心を開きかけるシン。
テロリストはザラ派の残党と発覚。連邦政府に対して言い訳しにくいなぁ。
初代Xナンバーでも大気圏突入はできたのでインパルスは問題ないと思うが、
ザクは損傷しているしどうなることやら。
そして地上からは目のいいキラが落下するアスランを発見して「あ」と一言(w

ガンダムエースを読むとラクツーはやっぱり存在するみたい。
同一人物かと思っていたのに。なんか嫌です。クローンネタばっかし。
でもストーリー的にはこの先どうなるかわからないので楽しみ。
posted by えいち at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | PHASE-01〜12 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1948126

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。