2004年12月04日

PHASE-07 混迷の大地

いつもぎりぎり更新、すみません。

未だ戻らないMSの所在を確かめないままタンホイザーを撃つ艦長。
非道だとの声があるらしいですが俺は当然の判断だと思います。
これで地上の人たちが少しでも救われるなら。
むしろミネルバごと機関最大で突っ込むってのも軍の判断的にはありだと思う。
もしあのでっかい塊がそのまま落ちたら地球は壊滅なわけだし、
気の毒ですがミネルバの乗員の数ですむならまだマシということです。
ミネルバの活躍ででっかい塊はほぼ完全に砕けたので、そこまでする必要はなかったですが。
ラクスの歌声と共に地上崩壊。
それを空から眺めるガーティ・ルーの3人。ステラは死に対し異様に敏感だなぁ。
やっぱこの状態のステラが一番かわいい。変態結構!
そしてこんなときでも乳を強調することを忘れないガンダムシードのスタッフ万歳


ザクといえは大気圏突入は不可能なはずだったのですが、昔は遠くなりにけり。
あの状態で無事ってのがすごい。
でも結局ブースターなしでは地上に激突するところをシンに助けられてます。
二人に芽生えた信頼関係のようなものを見て取れますね。
ミネルバはアークエンジェルが省略した着陸作業を丁寧に見せてくれます。
ミネルバは主翼をたためば空気抵抗の少ない形になってますし、
アークエンジェルが大気圏突入の際展開したなんとかジェルも必要ないようですし
時代は進歩しているんですね。
このあと一国の国家元首がクソガキにボロクソに言われます。
カガリよ、父親に言われて平和や戦争というものを勉強したんじゃなかったのか?
ちょっとは言い返せ。
ユニウスセブンがそのまま落ちていたら人類滅亡だったんだからカガリの言うことも正しい。
状況がどんなに悪くなっても悲観的になってもしょうがないと俺は思うがな。

宇宙ではデュランダルが援助をしつつ地球の惨状にニヤりとしてます。
こいつキモイな。
そしてチェスをもてあそんでいるのは噂のラクツー。
現時点でクローンなのか双子なのかわからないのでコメントしようがないですけど、
ラクスが指名手配受けてた時期にも見つからなかったってことは、
相当な力を持った人物に匿われていたということでしょうか?
それともそのときは存在してなかった?

第7話最大のみどころ、ルナたんと海上で射撃!いーな、アスラン。
アスランたちがヤキン・ドゥーエ戦でとった行動はやはり評価されていたのですね。
それをアスランに伝えるルナたん。積極的だなぁ。
アスランの射撃の腕は人外だが、ルナたんはコーディネーターのわりに下手過ぎ。
今回いいとこなしの国家元首、男の浮気現場を目撃!
クソガキになめられるは、新たな女の影は現れるは踏んだり蹴ったり。次回こそ、彼女に幸を!

次回、カガリはまた幸せになれそうにないです。なんか大臣たちに言われてます。
キラとアスランが再会って二人とも普段オーブに住んでれば会えるよな。
そして気になるナレーション「出会いと別れ」。タイトルもジャンクションだしな。
アスランはセイバーに乗ることを考えるとこのままミネルバに残りそうだから、
やはりカガリは降りるのだろう。自国の危機に国を空けるわけにはいかんし。
ああ、カガリに救済を!そしてルナマリアにもっと活躍の場を!
posted by えいち at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | PHASE-01〜12 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

いつも子供たちと楽しく見させていただいてます
えいちさんはルナが好きなんだ〜
僕は怪しいネオが好きですby長男

アスランとカガリが・・・
何だかブルーな展開になってきましたね

私としてはレイの活躍だけが楽しみで〜
でもあまりに冷静で・・・
言葉も少なく悲しい限りです(TT)
とっても怪しいギルとの仲も???だし

それではお邪魔しました
Posted by ちー at 2004年12月08日 09:55
こんにちは、コメントありがとうございます。

お子さんたちとガンダムなんてほのぼのしてて良いですね。
子供の目から見るとネオの仮面は仮面ライダーみたいで
かっこよく映るのかな?(笑)

レイはこれから謎が解き明かされてくる過程で活躍すると思いますよ。
寡黙ですけどその少ない言葉でシンを思いやっているのがわかるから、
僕もそういうレイの優しいところは好きですね。

ではまた。
Posted by えいち at 2004年12月10日 01:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。