2004年12月30日

PHASE-12 血に染まる海

1時間スペシャル前半は政治的駆け引きの話だったけど、
後半は第1クールを締めくくるにふさわしいミネルバの戦闘が楽しめます。
ではいってみよ。

ZAFT降下作戦スピアオブトワイライト発動。
オーブ軍令部ではユウナが指揮を執ってます。
軍に命令を出せるってことはユウナは父親から家督を継承したオーブの1首長なのですね。
で父親は院政をしき会議で口出しすると。
ウズミも弟に代表の座を譲ってからもオーブの政治を動かしてました。
ユウナの「あちらへの連絡は?」とは地球軍のこと。
後にミネルバの領海侵犯を許さないのは仕方ないとしても、
ミネルバを地球軍に差し出す必要はなかった。
つかこれミネルバがユニウスセブン破砕に尽力したことを民衆が知ってるなら、
オーブは国際社会から批判受けるんじゃね?
それとも民衆はミネルバのことなど知らないか、ユニウス落下で怒りに燃えているから関係ないのかな?

ミネルバがオーブ領海を出たとたん前方に地球軍艦隊が。
このときすでにレーダーには後方に艦影が映ってます。気付くの遅いミネルバCIC。
オーブ艦の上には飛行ユニットを装備したM1アストレイが。
全艦戦闘態勢、MS配置につく。ミネルバのMSはたったの3機。

「いじわるね」
今のところマイルナたん語録ではぶっちぎりの1位です。

ウィンダム多すぎ。さすが数だけは多い地球軍。
あの数を相手に大健闘、ミネルバ。
その奮戦の様子をキラが見ている。
前に冗談で千里眼と書きましたが実は本当かも。
SEEDの最終回でモニターのズームを使わずに救命艇の中にいるフレイの表情までキラには見えてました。

落としても落としても飛んで来る連邦の雑魚ども。
「ちょっとあの数、冗談じゃないわよ」
今日のルナたん、萌え台詞が多いよ。これもルナたん語録に登録。

連邦の新MA、ザムザザー出撃。デカイ!
しかし司令官のこれからはMAの時代、蚊とんぼのようなMSとかいう台詞を聞いて
このMAの敗北フラグ成立。こういう台詞吐くときは絶対負けます。

グラディス艦長、タンホイザー発射!
えーーーーっ!?
生物圏で陽電子砲を使ったらガンマ放射線で環境が汚染されますよ!
前作ではバジルールが撃とうとして魔乳に止められました。
グラディスは自分たちさえ助かれば環境などどうでも良いのか?
ユニウスセブン破砕も議長へのアピールで、今回は議長いないからか。
やっぱ魔乳>グラディスだなぁ。

しかしザムザザーの陽電子リフレクターによって艦長必殺のタンホイザーもあっさり無効。
これってアルテミスの傘(ハイペリオンのはアルミューレ・リュミエール←舌かみそう)
ですよね。地球軍オリジナル機はこればっか。○○の一つ覚え。
リフレクションですが本当にはねかえしたかどうかはよく見てもわからない。
一見被爆してるように見えるのだけど。
近接戦闘用のクローも搭載。これは高速移動要塞ですな。

ルナたんほんとにがんばってます。
レイもさすがニュータイプ。あの数相手にたった2機で落としまくりです。
ブレイズザクファントムの盾の裏の丸いのはライフルの電池パックだったんだ。

警告後威嚇射撃、これはまあ当然かと。
でもミネルバの行軍を知らせる必要はなかった。
国はあなたのおもちゃではない。そうですけどね。
カガリも感情だけでものを言ってるわけではないと思うけど。
もっと大人になれよというシニシズムはやっぱり好かんなぁ。
あと部下の前で国家元首をたしなめるのは良くないと思う。
人前で顔をつぶさないであげてやってほしい。
オーブ艦隊の司令官は話のわかる人みたいだ。
そういや前作でもオーブ海軍はアークエンジェルを威嚇射撃と見せかけて
領海に誘導してましたね。キサカもオーブ海軍は優秀だと言ってたし。

シンがオーブの攻撃に気を取られている隙にザムザザーに捕獲されました。
シンは戦闘中にボーっとしすぎ。
フェイズシフトダウンで足をもぎ取られるインパルス。
ああ死後の世界が、マユたんが見える。でも、

「こんなことで、こんなことで俺はーーーーーー!!」

種キターーーーーーーーー!!

発動後、あんたキャラ変わってますよ。プラス5歳くらい大人になってる。
デュートリオンビームについて初言及。
ナデシコのエステバリスのように母艦の近くにいる限り常にエネルギー供給を
受けているかと思っていたのですが違うようだ。
前にも何回かインパルスのパワー危険域になることがあったけどその謎も解けました。
ミネルバ艦橋斜め前のデュートリオンチェンバー(オレンジの)
から照射されるビームをインパルス頭部の額部分で受光することでパワーを回復。
短時間のビーム照射で完全回復が可能。
受光の際は多少の隙があるとはいえこれは今までのモビルスーツ運用の常識を覆すシステム。
よみがえったインパルスにより初登場のザムザザー予定どおり撃墜。地球軍艦隊を殲滅。
あっけにとられ撤退する地球軍。同じくオーブ軍令部のユウナ・カガリもあんぐり。
えらい奴らに喧嘩を売ってしまったなぁ、オーブの皆さん(w

ところ変わって宇宙の上。
アスランが赤服着てます。やっぱりセイバーをもらうってことはそういうことか。
前作ではラクスがただでキラにフリーダムをあげてたのにね。
フェイスとは通常の指揮系統に所属しない独立の部隊のことらしいです。
前作のジャスティス受領前後のアスランもここに所属だったって前にルナたんが言ってました。
悪く言えば議長の私兵。
議長の脳内ではミネルバはアークエンジェルをモデルにしているらしい。
議長はただの平和主義者ではないはず。SEEDの英雄箪をなぞらえることで
民衆を操作し世界を自分の都合のよいものに変えていくのが彼の目的だと俺は思う。
アークエンジェルはミネルバで代用。艦長は自分の女。
ラクスはパチモンで代用。ここにきてアスランゲット!
おそらくキラの代わりがシンかレイなのではなかろうか?
とにかくこれでカガリとアスランは正式に敵同士になっちゃいました。


いろいろありましたがやっと第1クールも終了です。
次回はついにというか早っというかフリーダム降臨です。
シンも精つ、おっと種割れで一応大人の仲間入りを果たしましたしね。
ちなみに俺は種というのは特に何か秘密があるのではなく
単なる火事場のバカ力の演出だと思ってます。
SEEDに伏線の消化を願っても裏切られるだけというトラウマのせいかもです。
単純にシンの種割れシーンはかっこ良かったですけどね。
次回は1月8日18時です。
OPは変わりますがEDは情報が出てないのでそのままだと思います。

(補足)
EDも変わります。詳細は公式HPのNEWSをごらんください
posted by えいち at 12:23| Comment(3) | TrackBack(0) | PHASE-01〜12 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
種割れましたね〜。やっぱシンは瞳と同じ紅でした。ホントにしゃべり口調変わってましたよね。あとさらっとレッグフライヤーを付け替えしてましたけど、インパルスって量産してるの?って思ったのは私だけでしょうか?たまたまあった予備パーツってことですかね。
ソードインパルスになって連合の艦艇を切りまくってるシーンにデジャヴを感じました。エヴァ弐号機っぽいなぁ、と。(海上戦のとことか色とか暴走っぷりが)

8日に出てくるザフトのMSは『アッシュ』とかいうらしいです。全体イラスト見ましたけどカエルっぽかった…。オーブのMSもM1アストレイからムラサメとかいう可変MSになってますし。15日もキラやオーブ在住の人中心の話らしいです。アスランがミネルバに合流するのは22日で29日は特番(たぶん総集編)やるそうで、連合3人組はその次の回に出るみたいです。ネタバレっぽくてすいませんm(__)m

OPとEDは両方とも変わるらしいですよ(同じ回でかは分かりませんが)
EDは「無限のリヴァイアス」のテーマ曲を歌っていた方だそうです。もちろん梶浦由紀さんプロデュースで。
OPはこれでデビューする方達らしいので詳しいことはわかりませんが、文化放送の1月の推薦曲だそうで、なんか流れてましたよ。
Posted by のの at 2005年01月05日 14:25
情報サンクスです。
ED変わるのー!?ってあわてて公式見てみました。
今月号のガンダムエースにOPのことしか載ってなかったのでてっきりEDは継続だと。SEEDもそうだったし。
余談ですが今月号のガンダムエースは付録アリのためどこも輪ゴムかビニってあったんで立ち読みするのに苦労した。もちろん開いてるの探しましたよ。
俺ははあんなにいっしょだったのにが好きだったんでうれしいですね。1STの玉置成実もよかったけど。

インパルスは実は量産してるのかも。インパルスが1機でシン専用ならわざわざコアスプレンダーにSHIN・ASUKAって書かなくていいですから。
俺もそう思いました>エヴァ弐号機
艦長が魔乳なら完璧でしたね。
Posted by えいち at 2005年01月06日 15:05
OP&ED変わりませんでしたね。1クール13話ということでしょうか?話的にはちょうど種発動でキリがよかったんですけどね〜。
とにかく終了後に2ndOPの宣伝してたんで15日の放送は新OP確定ですね。雑誌の広告でもシン&ステラのアップでしたからそこ中心の画になりそう。楽しみです。
EDも画変化しないかなぁ。SEEDの時は4thまで変わりませんでしたからね。スライドしてくのはやっぱかっこいいなぁ。
Posted by のの at 2005年01月12日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1948136

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。